FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

達磨 ― 其の弐



さて、家に帰ると、六畳間に設えられた床の間とは名ばかりの、狭い床の間もどきの所に達摩を置いた。
そして、買ったからには、人様並みのことをしようと思い、墨を摺って、達摩の片目を黒く塗った。
願掛けはとくには無かったのだが、何もしないのもつまらない気がして、何か好きなものを作っておくれと達摩に祈念した。
私は物に愛着が無い。
物を粗末にするわけでもないが、どうでんこうでん、これでなくてはいけない、そういった物が無い。
茶碗が欠ければ欠けたで、新しいのを買う。鞄の底が抜ければ抜けたで、新しいのと交換する。父から貰った万年筆も、ペン先を変えて使ってはいたが、いよいよ螺子が緩んでインクが漏れるので、新しい物を購入した。
何でもがそんな具合だ。こればかりは無くては困る、壊れてはかなわぬ、そういったものが自分には無い。
だから、女が別れたいと言ったときにもあっさりと別れた。あっさり過ぎて冷たいと言われたが、別れたいというものを引き留める気持ちが私には判らない。
やれ九谷の碗が割れた、やれ高級革の鞄が駄目になった、やれ舶来の万年筆が壊れてしまったと言って、嘆き悲しむ、そういう気持ちを味わってみたい。
軽い気持ちでそう願い、そう願をかけた。



そして、一年という月日はあっという間に過ぎていった。
達摩を買ったときの私は、無職同然のうだつの上がらない契約記者だった。
今は小さな出版会社に席のある身分になっている。この会社に採用されたとき、私の頭には七転び八起きという言葉が蘇っていた。しかし、それは頭の片隅をよぎったにすぎず、何に関連してこの言葉が出たのかさえ、思い起こすことは無かった。



一年が過ぎ、昨年と同じような新年を過ごした。今年は達摩売りの親爺とは出会わなかった。ただ、それだけのことだった。

ある日、町内会の回覧板にお焚き上げのことが載っていた。
昨年度の縁起物は神社の境内で燃やすのだという。
私が達摩を買った神社だった。
振り返ってみても、私に何か愛用品ができたというわけはなく、所詮は気休めの縁起物に過ぎなかったなと思い、私は少し笑った。
そして、達摩をお焚き上げに持っていくことにした。
何年も飾り続けるのも、何か節が無くて嫌な気がしたからだ。



さて、お焚き上げが行われるという日曜日。私は達摩を抱えて、家を出ようとした。
そのとき、何ともいえず不思議な心持がした。
達摩を燃やしたくない…。
達摩のいなくなった床の間もどきの場所は何とも寂しく、私は達摩を元の場所に戻した。
七転び八起きか…。
そう思ったとき、何かが頭の中で閃いた。
私はこの達摩に愛着心を持っている。
願が叶ったのだ。
そうか、そうか、お前はそんな風にして私の願いを叶えてくれたのかい、少し気抜けしながら、私は達摩の頭を撫ぜた。

そして、心願成就したからにはと、再び墨を摺り、達摩のもう一方の目も黒く塗った。







ここまで読んでくださってありがとうございましたm(__)m
どこか良いところがありましたら、下のアヒルさんとブログ村のバナーをクリックしてやってください。


にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へ
にほんブログ村 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
本当は最終話まで読み切ってからにしようと思いましたけど、コメントさせて頂きます。

達磨の前の釣堀奇談はもう怖くて怖くてひいぃいいってなってました(笑)。
suffiiさんの小説はとてもイメージしやすくて、しかも生々しく想像できてしまうので、リアルに怖いです…!
でも同時にすごい引き込まれます(´∀`)
達磨もイメージがすぐ頭に浮かんで、リアルに物語が進んでいきました。
心願成就とは言いますけど、どこか魔が差したような気がするのは私だけでしょうか…バッドエンドが好きすぎてそう思ってるだけかもしれませんが…。
あながち執着というのは魔が差すことなんでしょうか…ううむ。

長くなりましたが、このへんで失礼します。続き楽しみにしています!

No title

出会ったことでだるまの運命をも変わってしまったのですね。

なんだか今私がはまっている韓流ドラマの純愛のようで素敵なオチです。

ってまだ続くのかしら・・・。

それもそれで楽しみですね。

こんばんは

suffii姐さん、こんばんは!

やっと続きを見に来れました。
最終話までもう出来ておられるのですね。
主人公の男性、やはり詩と同様乾いた感じですね。
その乾いた男性が執着する対象が達磨というのが
なんだかやはりシュールです。
続きを読ませていただきますね。

No title

まりもさん、こんばんは。

返信コメント遅れてすみませんでした<m(__)m>

釣堀奇談、達磨と楽しんで頂けたようで有難うございました。
ハッピーエンドのお話は、私には書けません(笑)

怖いけれど淡々と・・・という感じで書ければ良いなぁ~と。

自分の技量がまだ、わかりませんが、これからも挑戦してみたいと思います。

コメントありがとうございました。

suffii

No title

こまりさん、こんばんは。

韓流ドラマのファンなんですか!!

ちょっと意外でした(笑)

達磨と男との純愛、お楽しみに。

コメントありがとうございました。

suffii

No title

オジサマ、こんばんは。

お忙しい中、読んでくださってありがとうございました。

私は乾いた世界しか書けないのです(笑)
砂漠かってw

コメントありがとうございました。

suffii
プロフィール

suffii

Author:suffii
文学少女でした。
現在は本を読むより、音楽を聴くほうが多いです。
好きなのはロック。
昨年よりボイストレーニングとエレキギターの練習を始めました。
気ままに書く詩や日常の忘備録です。

趣味ですが、文字に触れること、音に触れること以外に着物を着ることが大好きです。
伝統にのっとりきちんと着ることも好きですが、着崩す面白さにも最近、目覚めました。
着物にハイヒールでエレキ弾きます。


お時間があったら、覗いてみてください。

そんな奇特な方はいらっしゃらないとは思いますが、無断転載はご遠慮ください。

それから、できれば拍手をよろしくお願いします。
超初心者ですが、訪問してくださる方がいること、
とても励みになっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブロとも一覧

7.143

DECA ナル絵

ライライ2

HMOの気ままな日常

よっくんうちゅうのたび

展示中。自作ラノベ&詩!!

Rhodesian diary (マークのポンコツ写真館)

LongGoodbye

また 吐いちゃった

ターボの○○な日々

~『けんたろう』のマイブログ~
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
4966位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

413位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。