スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湿った砂

お盆も 過ぎた 海岸で

スコップ 片手に 砂を 掘る

水に 濡れるのは 嫌だから

湿った 砂を ひたすら 掘った



掘っては バケツに 入れ

バケツ を 空にしては また 掘って


もう やめなさい と 言われる まで

小さな 山を こさえてた




     母 の 足 が

     山 を 蹴った

     小さな 山 は

     あっけなく 崩れた

     あっけなく 崩れて 落ちた




どこに 小山が あったのか

分からない 砂浜 を

振り返り 

振り返り ながら

手を 引かれて 

帰って 行った

あの 海岸




私が 笑顔を 捨てた 場所




  波 は

   平らかに

     呼吸 を

       して いた









先日、雷が凄かったです(^_^;)
うちは停電しました。
ご存じの方もいらっしゃるかと思うのですが、目下、リフォーム中の家。
昼間見たはずの懐中電灯が無い!!

100%、この目で見て、この手でしまったのに!!

くやしい!!!

で、手さぐりで探し回りました。
あった!と思った途端、電気が復活しました。

同居人には、明るくなったから見つかったんでしょ、みたいな顔されましたが、本当に真っ暗なうちに探し当てたんです!!

でも、まあ、普段の生活を見られている私がいくら声を大にして主張しても、信じてもらえないんですけどね(ーー;)




ここまで読んでくださってありがとうございましたm(__)m
どこか良いところがありましたら、下のアヒルさんとブログ村のバナーをクリックしてやってください。


にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【湿った砂】

お盆も 過ぎた 海岸でスコップ 片手に 砂を 掘る水に 濡れるのは 嫌だから湿った 砂を ひたすら

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは☆ 僕は母の虚栄心と、子供を支配下に置こうとする扇動など大っ嫌いでした。だから、なるべく自堕落に生きようとしていたら、本当に自堕落な生きざまを送ってしまいました・・・・

母も年を重ねました。お互い許しあう時期なのでしょうね。。。誌の裏側に血の強さを感じました。

HIZAKI

追伸:同居人様にもっとネタ作りに励むようお伝えください^^

きみが捨てた笑顔は


海が満ちてきたせいサ
いつかは崩れる砂の家
きみが捨てた笑顔は
波間を漂い迷ってる

この場所に戻ったなら
悲しくなるだろうね
僕が海を抜きて切ったら
迷う笑顔を救える

きみが捨てた笑顔は
きみが捨てた笑顔は
波打ち際まで近づいて
きみは手を差し伸べた


suffiiさん
笑顔を捨てた場所がわかるから
そこへ行こうと思う
海で生まれ育った僕に
この詩はどの海よりも深い

おはようございます

suffii姐さん、おはようございます。

最近すっかり遠のいてしまっていて申し訳ありません。

子供の頃、親の持っていた力は強大で絶対でしたよね。
私も母が若く猛々しかったころを思い出してしまいました。
年は取りましたが、口やかましいところは健在ですね(笑)

懐中電灯ですか。
ろうそくの火もなかなか風情があっていいですよ。

乾いたコメント

3度目のぞきに来て
初めて題目のすごさに気がついた
湿り気は 怨念のように
ずっと続いていたのですね。

Re: No title

HIZAKIさん、大変ご無沙汰をしてしまい申し訳ありませんでした<m(__)m>

私の母は老いたものの、基本性格は変わらず、逆に芯の部分だけが手に取るようにわかるようになってきました。
なので、扱い易いというか・・・(笑)
とにかくツボを押さなければOKだということが良くわかり、プライドを潰さないように誘導する技術が分かってきました。
正直、これ以上、人を操るのが上手くなると同居人が可哀そうなのですが(笑)

コメント、本当にありがとうございました。

Re: きみが捨てた笑顔は

LongGoodbyeさん

素敵な詩を頂きながら、コメントへのお礼をもしなかったご無礼をお許しください<m(__)m>
とにかく、6月中旬から昨日までが一つのピークで大きな動きがあり、それはそれは心身ともに忙しい日々でした。
第二のピークが来年の1月末に待っています。
それが過ぎれば、多分、ですkが少しは落ち着くと思っています。

幸い、家にいる時間が伸びたので、これからは、また、詩をボチボチと書いていきたいと思っています。


笑顔を捨てた場所・・・無意識で書いた言葉でしたが、私の意識下にずっと残っていたことなのだとLongGoodbyeさんのコメントを読んで、気が付きました。
私は、その場所に戻って再スタートを切ったところです。
貴重な貴重なコメントを本当にありがとうございました。

Re: おはようございます

オジサマ、本当にご無沙汰してしまって申し訳ありません<m(__)m>

上記文章をコピペして、しばらくオジサマへのコメント返しに使用しようかな~と、
相変わらず、しょうも無いことを考えているsuffiiでございます(笑)

確かに蝋燭も素敵ですよね。
誕生日ケーキの蝋燭、勿体なくって取ってあるはずなので、次回の停電のときには使ってみます。

コメントありがとうございました。

Re: 乾いたコメント

One_Segさん、初めまして。

初めてコメントを頂いた方への返信が大変遅れまして、申し訳ありません<m(__)m>

確かにこの詩を書いた時点では、「湿った砂」は英語でいう完了形の継続用法でした。

ただ、私の心境に変化が起きて湿った砂はやっと乾いた砂へと変わったようです。

乾かすのに時間がかかてブログが手薄になっていたということなのですが(笑)

どうぞ、これからもよろしくお願いいたすます。
プロフィール

suffii

Author:suffii
文学少女でした。
現在は本を読むより、音楽を聴くほうが多いです。
好きなのはロック。
昨年よりボイストレーニングとエレキギターの練習を始めました。
気ままに書く詩や日常の忘備録です。

趣味ですが、文字に触れること、音に触れること以外に着物を着ることが大好きです。
伝統にのっとりきちんと着ることも好きですが、着崩す面白さにも最近、目覚めました。
着物にハイヒールでエレキ弾きます。


お時間があったら、覗いてみてください。

そんな奇特な方はいらっしゃらないとは思いますが、無断転載はご遠慮ください。

それから、できれば拍手をよろしくお願いします。
超初心者ですが、訪問してくださる方がいること、
とても励みになっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブロとも一覧

7.143

DECA ナル絵

ライライ2

HMOの気ままな日常

よっくんうちゅうのたび

展示中。自作ラノベ&詩!!

Rhodesian diary (マークのポンコツ写真館)

LongGoodbye

また 吐いちゃった

ターボの○○な日々

~『けんたろう』のマイブログ~
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
5495位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

466位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。