FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昇華

うちっ放し の

螺旋 階段 



一歩ずつ 

踏みしめながら

登って いかれた

の でしょうか

随分 と

急 な

てすり も

無い

意地の 悪い

階段

でしたか



肩 で 息 をしながら

休む ことなく

登り つめ ましたか



登り切った 先

そこで

深呼吸 は

できた の でしょうか




                   「蜂」を探して

                 人ごみ の 中

               さまよって

             見つけた もの

                         は


                       蝶 や

                     鳩 や

                   黒 猫

                 面 影

               欠 片

                         

                       偲 ぶ

                     ことも

                   できは

                 しない






最後に 口に された もの は?

最後に 喉を 潤した もの は?

最後に 耳に 残った 遠い音は?

最後に 手で 触れた 質感 は?




               白く 細い 体

                     を

               そのまま

               シーツ に

               まるで

               補色 の ように

               そっと

               うずめて

               窪む ことも ない

               白い ベッド の 

                      上

               更に

               白い 布 を

               かぶり

               ただの 何も ない

               ベッドの ように

               誰も いなかった

               かの ように




高く 澄んだ 声



鞭の ように

扉 を 開けた

骨ばった 長い 指



循環 を 拒否

するよう に

叩いて いた

 時に 大きく

   時に 小さく

     ふり幅 を もって

       捉えて 放さなかった

言葉




                 橡の花 咲くのは

                 いつ ですか

                 橡の花 はらりと

                 散る のは

                 いつ ですか





意味を 与えず 考えず

散りゆく ものは

見送れ 



ピシリ と

分厚い

氷 が

割れる





                



これが追悼詩の第一号です。
昨日、たまたま出かけた先で絵画の展示即売会をやっていました。
絵に触れたくて触れたく仕方がなかったときなので、本当に幸いでした。
ピカソ、ローランサン、ブラック、ジャコベッティ、シャガール、イカール
などの直筆(版画が多かったですが、初版ものばかりでした)の絵を鼻先3センチくらいで
見ることができました。

他にお客さんもいなく、買うあてのない私に画商の方が絵を一枚ずつ紹介してくださいました。

ピカソの版画の裏にはピカソ直筆のメモが残っていました。
数字をいくつか書き連ねたもので、意味は不明だそうです。
ピカソが画家として認めらる前に描かれたただの鉛筆書きの、デッサンとも呼べないような
絵もありました。
のちのち、ピカソが画家として大成してから切っても切れない縁の画商に頼まれてサインを
いれたそうです。

そのときのピカソの一言が

俺の絵は小切手ではない!!!

だったそうです。

笑える話ではなくて失礼いたしました。

今日もここまで読んでくださった方がいらっしゃいましたら、ありがとうございましたm(__)m
どこか、少しでも良いところがありましたら、下のアヒルをクリックしてやってください。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。あてもなくだらだら寝ていました。
追悼詩第一、起承転結ははっきりしていて、儚さと力強さの同居を感じながら読まさせていただきました。では、アヒルを押してベッドに戻ります。HIZAKI

No title

追悼詩がどういうものなのか、よくわかりませんがとてもいいしだと思います。情景描写が本当に素晴らしい。

ピカソの絵はいつ見てもどうみても訳がわかりません。嫌いなのではありませんが、自分には到底理解できない奥の深さも測れない物です。
偉大な人間はいい言葉を残しますね。自分もいつかは「俺のCDは小切手じゃねぇ!!」って言ってみたいです笑

こんばんは

suffiiさん、こんばんは。

レクイエムらしく厳かな感じですね。
いつも硬質な雰囲気がありますが、最後の言葉の一群に
読む方まで厳粛な気持ちにさせられてしまいます。

絵見るのお好きなんですね。
私も嫌いではないですが、何度見ても画家さんの名前を覚えられません・・・

No title

HIZAKIさん、こんばんは。
今日もコメントありがとうございました。

緩急はあえてつけました。

詩の型を保ちつつ、思いを伝えるのが難しかったので…。

今日は体調が悪かったのですか?
お天気のせいかしら?

ゆっくり休んでくださいね。

suffii

No title

としやさん、こんばんは。

今日もコメントありがとうございます。

情景描写、私の中では、すべて心象風景なのですが、
ただ、情景が伝わる詩を書けているのなら、嬉しいです(笑)
相手に伝わっているということなので。

としやさんのCD、小切手になる前に教えてね。
たくさん買うから(^∇^)

suffii

No title

gimoniaオジサマ、今日もコメントありがとうございます。

最後の連、気合い入れたので、褒めて頂き嬉しいです。

私は絵も大好きです。

オジサマ、ご自分で絵を描くので、他の画家さんが不要
なのかもしれませんねw
あらゆる芸術に興味あります(^-^)

それでは。

suffii姐さん

こんばんわww☆

suffiiさん、にゃーww こんばんわです☆
コメントくださりありがとうございましたッww♪

視覚効果が抜群の高尚で素敵な詩ですね!ww
PCで視覚をここまで上手く使えるとなると、
縦スクロール詩の表現幅もかなり広がりますねww
すごいです!ww♪

美術絵はあんまり詳しくないですが、
ピカソは写実表現から心象表現までスゴイ人だから
オイラも大好きな絵描きさんの1人です。
ちなみに一番好きなのは偏執狂のダリ☆
どちらも絵自体に天才オーラがバリバリ出てる人たちですよね。

え、suffiiさん着物を着てギター弾くんですか!☆
オイラの好きな歌手さんも、昔は着物着てギター弾いてました。
音楽も詳しくはないのですが、
オイラはハードロックや演歌ロックが好きですww

ではでは、そんな感じで。
これからどうぞ、よろしくお願いしますww


ナルナル

No title

ナルナルさん、こんばんは。

詩を褒めていだだき嬉しいです。

どなたかのコメントに書いたことがるのですが、詩全体、言葉、言葉の持つ音、そして視覚的なもの・・・そういったもの全てを大切にしたいと思っているのです(笑)

私は一番好きな画家は今のところオディロン・ルドンです。
象徴主義の第一人者でしょうが、あの吸い込まれそうな静けさが大好きです。

音楽はロックが好きで、どのジャンルというか、グループにはまる人で今はグリーン・デイが大好きですw

これからも、よろしくお願いします!(^^)!

No title

こんばんはー。

情感溢れる良い詩だと思います。
きっと故人も喜んでいますよ。

ピカソと言えば、およそ13,500点の油絵と素描、100,000点の版画、34,000点の挿絵、300点の彫刻と陶器を制作し、世界で最も多作品を残した美術家だったらしいですよ。
ピカソと言えば絵ですが、彫刻や陶芸もやっていたって言うのは意外と知らない人も多いのではないでしょうか。
そう言えば洗礼名が非常に長かったと言う話もあります。
途中から忘れてしまったので調べてきましたが、「パブロ・ディエーゴ・ホセ・フランシスコ・デ・パウラ・ホアン・ネポムセーノ・マリーア・デ・ロス・レメディオス・クリスピーン・クリスピアーノ・デ・ラ・サンティシマ・トリニダード」だそうです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ちひろさん、こんにちは。

コメントありがとうございました。

ピカソはfanticな人だったようですね。前に「Surviving Picasso」という映画がありましたよね。ピカソに近づく女性はみんなピカソのfanaticな力に命を吸い取られていくというもの、もちろん、実話ですよ。

画商の方がおっしゃるのには、3か月の間に666枚のセキハン画を作ったそうです。
天才は違いますね。

suffii
プロフィール

suffii

Author:suffii
文学少女でした。
現在は本を読むより、音楽を聴くほうが多いです。
好きなのはロック。
昨年よりボイストレーニングとエレキギターの練習を始めました。
気ままに書く詩や日常の忘備録です。

趣味ですが、文字に触れること、音に触れること以外に着物を着ることが大好きです。
伝統にのっとりきちんと着ることも好きですが、着崩す面白さにも最近、目覚めました。
着物にハイヒールでエレキ弾きます。


お時間があったら、覗いてみてください。

そんな奇特な方はいらっしゃらないとは思いますが、無断転載はご遠慮ください。

それから、できれば拍手をよろしくお願いします。
超初心者ですが、訪問してくださる方がいること、
とても励みになっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブロとも一覧

7.143

DECA ナル絵

ライライ2

HMOの気ままな日常

よっくんうちゅうのたび

展示中。自作ラノベ&詩!!

Rhodesian diary (マークのポンコツ写真館)

LongGoodbye

また 吐いちゃった

ターボの○○な日々

~『けんたろう』のマイブログ~
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
12590位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

1128位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。