FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A precision machine

          録音テープ の ように

       ガチャリ と 扉 が 開く 音

    に 空耳 の 足音

 階段 を 上って くる



    「おはようございます」



と 曇った 顔 が 笑う とき

   足元 から じわり と

      伝わる 痺れ

         そして 発汗

 震える 声 の 調整

   を しながら 繰り返す

      「こ と の は」






              いつも どこか

              暦 を 掛け違えている

              この 部屋

                        に

              向か い

              一段 一段

              重い 歩み    

                        を

              感じる とき 

                        に






     石 の ような 無表情 が

     出迎え を 待つ

     感情 を 細い 針 の よう

                  に

     分散 から 集中 へ

     収束 させ つつ






たいがい 空は

晴れて い る

眩しい ほどの

光 を 浴びて

健康に 育った

曇った 顔 は

それ と 意識

しない ままに

         「鎖」           を

              「人」         に

            撒きつけて

                   「楔」       を

                         「体」    に

            打ち つけて い く






                   振りほどく 意志 は
 
                   とうに 捨て た

                   振りほどこうと する

                   意志 は

                   とうに 

                       捨てさせ
                         
                          られ た






暦 が ずれた この 部屋

            で

ときに 偽り

   ときに 真実

       の 所作

繰り返 し  

     なが ら

数珠 の ように

   鎖 を たぐ り

     知り尽くし た

        長さ と 重さ 

           を 確認 す る

断ち切る 日 来なくて も

   暦 が ずれて いる こと 

               に

     希望 を 寄せて

        広い 窓 から 見上げ る

            広い 空

             巨大 な 飛行船

             が

             ゆっくり

             飛んで 

             い た
















同居人が夢を見ていたらしく、ケタケタケタ と大声で笑いました。

そして、飛び起きて、
「今、変な音がした!」

おいおい、君の笑い声だよ(-_-)/~~~ピシー!ピシー!  



ここまで読んでくださってありがとうございましたm(__)m
どこか良いところがありましたら、下のアヒルさんとブログ村のバナーをクリックしてやってください。


にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつ読んでも ! と? の世界ですね^^ (でも読み飛ばせない粘っこさがありますね)

お師匠さまがいたというのはうらやましいです。僕はぜんぶ自己流なので。。。あっ愚痴です(ワラ)

飛行船はイメージ湧きます!また吐きでも一回イラストもらったことあります~夢と現実の境目のない思い出なんですよ・・・

HIXAKI は本物のHIZAKIから苦情が来るまで待ってみよう思うのですがいかがでしょ?

こんばんは

suffii姐さん、こんばんは。

いつにも増して難解な詩ですね。
私は授業を聞かない大学生が群れる教室に突入する
かわいそうな講師を思い浮かべました(笑)
見当違いだったらすみません。
いつものことですけれども。

同居人さんの夜中のボケっぷり、suffiiさんの詩を
凌駕するシュールさですね(笑)
プロフィール

suffii

Author:suffii
文学少女でした。
現在は本を読むより、音楽を聴くほうが多いです。
好きなのはロック。
昨年よりボイストレーニングとエレキギターの練習を始めました。
気ままに書く詩や日常の忘備録です。

趣味ですが、文字に触れること、音に触れること以外に着物を着ることが大好きです。
伝統にのっとりきちんと着ることも好きですが、着崩す面白さにも最近、目覚めました。
着物にハイヒールでエレキ弾きます。


お時間があったら、覗いてみてください。

そんな奇特な方はいらっしゃらないとは思いますが、無断転載はご遠慮ください。

それから、できれば拍手をよろしくお願いします。
超初心者ですが、訪問してくださる方がいること、
とても励みになっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブロとも一覧

7.143

DECA ナル絵

ライライ2

HMOの気ままな日常

よっくんうちゅうのたび

展示中。自作ラノベ&詩!!

Rhodesian diary (マークのポンコツ写真館)

LongGoodbye

また 吐いちゃった

ターボの○○な日々

~『けんたろう』のマイブログ~
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
4966位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

413位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。